スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活 

叱るのは本当に難しい。


部活は、総体予選も終わり、代替わりをしました。総体予選は尾張で5位により、無事県大会に進めることに。県大会では一回戦で負けちゃったけど、まあぼちぼちだったんじゃないかなあ。最後の挨拶の時にはキャプテンの涙も見られ。こういう感動が多いのが先生のいいところだよね。


そして新しい代へ。一人めんどくさいやつがいるんだわぁ(Kとします)。Kはソフトテニスはうまいんだけど、プライドが高くちょっと小山の大将的な子。なにか叱るとすぐにふてくされる。

昨日も、練習試合のときにいつも気持ちが入ってない試合をしてたから、しっかりやれてきなことを言ったところふてくされて、普段だったら試合の後にあいさつをしにくるのに、来ない。ペアのやつが先生のところに行こうみたいなことをいったのに、Kがなにかを言って、それで来なくなり。試合後にペアのやつに詳細を聞いたら、Kがめんどくさいと言ったと。ってことでKを呼び出し。叱られてむかついたのかと聞いたら、「はい」だって。むかつくのはしょうがないけど、それはやっちゃいかんことだと俺は思い、叱られてむかついてそういう態度になるなら、部活に来なくてもいい。って言ってしまった。そしたら「はい」って。

月曜からどうなるかなあ。


めんどくせえ。


全部いいよいいよ、にしちゃったほうが楽なのか。

疲れを感じる 

精神的になのか肉体的になのか、両方か・・・。


最近少し疲れを感じます。ちょっとしたことでイラっときたり、情緒不安定とまではいかないけど、完全に安定してはないかなあ。特に学校を離れたときに顕著。仕事してるときは気を張ってるから、疲れとかに鈍感になっているからだろうか。それとも単純に楽しいからだろうか。よくわからんけど、ストレスを感じるのは仕事中よりもむしろ仕事後。仕事後にストレスを発散させないといけないのにね。なかなかストレスを発散させられないんだよなあ。そんな時間もない。どっかで発散させたほうがいいに決まってるんだけど、その場がないんだよね。あんまよろしくないね。足首のケガもいまひとつ完治しないし、面談やらなきゃで部活もフルにはいけないし。三連休も全部部活になっちゃったし。グチってしまつた。ネガティブなことを表に出すのは好きじゃないんだけどな・・・。

早くGWにならないかなあ。ってか暗い日記だなあ。病んではないよ。

わたしたちの教科書 

違う経験してれば、それこそ見方なんて千差万別だよね。


今日、「わたしたちの教科書」ってドラマをはじめてみました。内容は、学校を舞台にしたイジメで自殺とかのちょっと重めの話。ちょっと見てて気づいたというかアンテナにかかったトピックがありまして。

ドラマの中で、菅野美穂演じる弁護士がいるんだけど、彼女は「昔、子どものいる男の人と結婚したものの、男はすぐに逃げてしまい、子どもだけが彼女の元に残った。しかし、彼女はその子どもに愛情を持つことができずに児童施設に預けた。」という経験があるの。で、その子が学校でイジメられて自殺、その真相を解明するために弁護士として学校に乗り込む、みたいな話。

ドラマの内容自体には特にコメントはないんだけど、菅野美穂演じる女性弁護士が、ドラマの中で、自分が児童相談所に預けた子どもを回想して、「あの子は捨てられた(私が捨てた)」というような内容のことを言う場面があったのね。で、それを見ながら、S園のあの子達はドラマを見てどんな印象を持つのかなあ、とふと思った。確かに「捨てられた」って表現は間違ってるとは言えない気がする。100%正解だとは言わないが、残念ながら正解に近い部分も少なからずあると思う。でも、当人たちが見たらどう思うんだろう。あの子たちが見たら傷つくなんて単純なことを言いたいんじゃなくて、「どう思うか」っていう純粋な疑問。本人たちは自分の置かれた立場をどこまで理解しているのだろう。いつまで親に期待しているのだろう、親に対する期待を捨てるのはいつなんだろう。それぞれによって違うんだろうけど、希望を持ってはいけない親に対して希望を持ち続けている子どもがこのドラマを見たら失望するのだろうか、どうなんだろうか。俺が今まで担当してきた子どもは、家庭復帰するくらいだから親への期待を捨てるという話はしたことがない。

逆にそういうものを見てもこちらが意識するほど特に何も思わないんだろうか。なんだかちょっと気になった。S園のあの子は今何してるんだろうって、頭をよぎった。

あと1週間 

好調な時って、意外なところに落とし穴がありそうで不安。


今日は、総体予選まであと1週間ということで、名市北まで練習試合に行ってきました。相手は、新人戦で名北支部2位になって県大会に出た学校。直前ということで同地区の高校とはやりたくないし、それなりに力のあるところとやりたいと思って、練習試合の相手を探してたけどなかなか予定が合わなく、あきらめかけてたところでやっと見つかりました。顧問やチームの面識もほとんどなかったので不安でしたが、しっかり練習してるいいチームでした。

どこまでできるかなあと思ってたけど、蓋を開けてみたら11勝5敗、下位チームも合わせれば20勝5敗と、圧倒的に勝ち越せた。最近、全般的に調子を落としていたので少し不安だったんだけど、予想外の出来。やっとこさ調子が上向きになってきたのかな。

でも、こういううまく行く時ってなんか落とし穴がありそうなので不安・・・。ここで調子に乗って本番でこけなければいいけど。気を引き締めて。あと1週間、楽しみになってきた。とりあえず県大会に出られますように。

初担任 

てんやわんやってこういうことを言うのだと思う。


最近はブログあまり更新できません。まあ、ぼちぼち気が向いたときにでも。

今年から初担任になりました。1年生の担任です。去年一年間は副担任として一年生に接してきましたが、今年からは正担任。気分がやっぱり違う。責任重大やね。

入学式の日、保護者の前で50分ほど話す時間がありました。学校生活全般のことから、注意事項、自分の考えなどとりとめのない話をしたけど、上の子がいる保護者からすると、下手すれば俺って自分の子どもと一緒くらいの年じゃんね。そんな若造が担任かよ、と思われてそうなのが心配で必死に話してたら変な汗が出てきた。とりあえずは自分の思いを言えました。みんなで2年生に進級しましょうって。

日常もすごくあわただしい。新年度ということで、オリエンテーションだとか健康診断だとか検尿だとかで、イレギュラーな行事がたくさん入ってくるし、朝の連絡事項は多いしで、いつも何か見落としてるかもって不安でいっぱいになりながら朝のSTをしてる気がする。


わがクラスは、うちの学校には珍しく、割と男子がやんちゃなのが揃ってます。けっこうめんどくさそうです。でも、いい方向に向かいさえすればパワーがありそうなやつが多いのでおもしろそう。期待半分、不安半分といったところ。

それにしても担任もそうだけど、教師ってすごく楽しい。帰るのいつも21時過ぎても、起きるの5時半でも、4月は休日が1日あるかどうかでも、それでも楽しい。やっぱり、「先生、先生」って言ってくれる子どもがいるからなんだろうなあ。

明日でとりあえず一週間終わる。予習やって早く寝ます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。