スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は研究授業 

他の人に授業を見られるのはいつものことながら緊張します。

今日は、いつもの校内研究授業じゃなくて、県の人が来校しての研究授業。緊張するわ。一年生の古文、伊勢物語の中の筒井筒(覚えている人いますか?)でやります。

筒井筒ですが、まず前提として、当時は結婚したら嫁側の親が生活の経済的援助をしていたということです。そして、一夫一妻制ではない。んで、内容ですが、妻の親が亡くなったために経済的に苦しくなって(それが本当の理由かはわからないけど)、他の女のところにも通うようになった、と(当時は通い婚)。そんな男に対して、元の妻は、新しい女のところに行く男をなにも言わずに送り出すと。そんな元の妻を見て、夫はこんなに嫌がらないということはこいつ浮気してんじゃないか、と疑うと。そして、新しい女のところに行ったふりをして、こっそりと覗いていると元の妻は浮気をしているどころか、夫の身の安全を案じる和歌を詠んでいた、と。そんな妻に申し訳なく思って、新しい女のところには行かなくなったよ、って話です(実際はもうちょいあるけど)。
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。