スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常に久しぶりな更新 

非常に久しぶりな更新。

教員になって、特になりたてな時に感じることを書きとめておこうと思いつつも、なんだかんだと書くことをさぼりつつもすでに5年目に突入。いい意味でも悪い意味でも「先生」っぽくなっているのだろうか。

そんなことを考えた勤務終わり。
スポンサーサイト

担任2年目! 

担任2年目はどんな年になるのやら。

さてさて、31日に職員会議があって、今年度の新体制が発表されました。
自分はというと、予想通り、

・2年正担任
・ソフトテニス部主顧問(サッカー部第三顧問)
・進路指導部

ってな感じでした。

でもでも、学年の先生が変わった関係で、教科の仕事が増えそうです。
そして、5月中旬にある修学旅行、俺がチーフで動かないといけないので、5月中旬までは死にそうです。

今は、授業準備&新クラス立ち上げ準備&修学旅行準備に追われてます。あー、仕事が終わる気がしない・・・。


世間では飛躍の三年目といいますよね。そうそう、もうそろそろ初々しい新人のままではいけないと思うので、いろいろなことにチャレンジしたいな、と。あとは、学級通信を年間40号発行することも一つの目標です。


今年度もたくさん笑いたいものだ。

昨年はありがとうございました&今年もよろしくお願いします。 

去年の終わりに結構長い文を書いたんですが、アップするときに消えてしまったので、そのままでした。

去年を今さらながらに振り返ってみると、けっこう大変な年だったな、と。
初めて担任をして、何も分からず手探りだったけど、学年ダントツの問題児がいたり、不登校傾向の生徒が複数人いたりで、 一筋縄ではいかないクラスを受け持ったことが途中でわかりました。

一年目の時は、副担任という立場もあって、口うるさいことを言わなければならない場面ってあんまりなかったんです。だから、生徒がかわいいなって単純に思えた。そして担任ではないから、こちらに寄ってくる生徒の相手をしていればよかった(ホントはそれだけではいかんのだろうけど)。でも、今年は担任ということで、こちらに目を向けている生徒だけでなくて、目が向いてない生徒とも向き合っていかなければならない。服装面などの細かい注意もしていかなければならない。しかも、さっき書いたように、クラスでは色々な問題が噴出してきて・・・。そして生徒対応に追われて、その他の仕事も詰まってきて。

でも何より自分の中でひっかかっていたのは、「生徒がかわいくない」ということ。もちろん、自分に寄ってくる生徒や、いい面を見られたときはすごくかわいいと思えたけど、問題を起こした時とか、自分の思ったようにならない時など、正直言って、それでも生徒がかわいいとは思えなかった。周りの先生には「初担任の生徒はかわいいでしょ」って言われて、「はい、かわいいです!」って言ってたけど。「若くて生徒に近くていいねえ」という言葉がプレッシャーだった。mixiにも書いたけど、若いからうまくいってないといけないというのが重かった。若いことは武器でもあるけどウィークポイントでもあるのに。早く経験が欲しかった。きっとベテランの先生と同じようにやりたいと思ってたんだと思う。去年は全く頭になかった、「辞めたいなぁ」という思いが働いてから初めて出てきた。もちろん本気で辞めるなんてみじんも頭になかったけどね。そういう状態がしんどかった。

それが去年の二学期くらいに変わった。なんでかよくわかんないけど不意に、俺は俺だからもっと素直にやればいいんじゃん、って思えた。それから少し肩の力が抜けた気がする。そしたら、生徒がかわいいと思えるようになった。もちろん頭にくるときもあるけど、むしろそっちのほうが多いけど、最後の所では「なんだかんだ言ってやっぱりかわいいな」って思えるようになった、去年の11月の終わりくらい。それが、自分の気分の問題なのか、生徒との関係が変わったのかはわかんないんだけどね。

それが去年の最大の収穫だと思う。これから無数にあるであろう壁の一つを乗り越えたんだろうか。振り返るとそんなことを感じる。生徒がかわいくなってから、あと3学期しかなくてなんだか皮肉なもんだけど、俺が担任でよかったな、って思ってくれる生徒が一人でも増えるように生徒と向きあいたい。


今年の目標はなんだろな、色んなことに真摯な姿勢でって感じでしょうか。

静かな環境がすき 

真夜中とか、ほとんど人のいなくなった職場とか、そんな中で一人作業をするのが好きです。

人がたくさんいる中よりも能率がいい気がする。
昔から夜中が好きだった。
中、高と夜中わけもなく外に出たり、ウロウロしたり、大学になったら夜中にヒッチハイクしてみたり。静かな世界って、なんだか現実世界と隔離された感じで、癒しがあると思う。

昔は夜中起きてるのはすごく得意だったのに、最近は22時過ぎると眠くなる。

おじいちゃん。


せめて月イチくらいは更新したいなあ。 

新人戦が終わりました。
団体戦は5位までが県大会へと進むことができる。去年に比べてかなり戦力が落ちているのは否めないので、とりあえず今持ってるシードを失わなければ(予選リーグを抜ければ)上出来、県大会に行ければ出来すぎだと
結果は驚きの準優勝。誰もが予想していなかった結果になりました。顧問でさえも(笑)生徒が本気で試合をやってるのをベンチから見てて、「こいつらあちーな」と少し胸がキュッと締め付けられたような気がしました。
個人も優勝で(こちらは団体戦ほどの驚きはないけど)、できすぎの新人戦でした。去年も新人戦で躍進したし、新人戦との相性がいいのかな。でも総体がちょっと心配。

先週の日曜日は9月に入ってから初めてのお休みだったわけですが、すごく疲れがたまってて、何もする気が起きなく、夕方まで寝てしまいました。なんだか一瞬で休みが終わってしまった感があってちょっと、いやかなり残念。
休みの日はどっかに出かけたりしたほうが絶対リフレッシュできるよね。

今年初めて担任をやっていますが、思った以上に大変です。学年でダントツ一番の問題児が俺のクラスにいることもその原因の一つなのかなあとも思いますが、やっぱり担任はクラスの生徒全員とコミュニケーションをとっていけたほうがいいわけで、でも全員とはなかなかうまくコミュニケーションをとれないというか、向こうから俺をはねつけてしまう子もいるんよね。
大人同士の人間関係だったら、そういう人がいたとしてもうまいことやったり、あんまり関わらないようにしていけばいいんだろうけど、高校生はまだそこらへんが幼いのか、それとも対教師だからなのかはわかんないけど、あからさまに態度に出るわけですよ。もちろんそういうのも割り切っていかなければいけないんだろうけど、気にしいの俺はいちいちズーンってなっちゃうんだよなあ。
「なんかいかんところがあったかなあ」って。で、負のスパイラル、みたいな。高校生とはいえ、拒否られるというのは相当に心のパワーを消耗するようです。
なんだかそこらへんのバランスをとってる(であろう)先生方ってすごいな、って思う。体力的にきつくても精神状態が良好ならあんまりきつくないと思うんだよね。でも、精神状態があんまりよくないと、疲れがドッと押し寄せてくるのがすごくわから。
あまりよろしくない。笑おう、笑おう、と最近意識している気がする。でも不自然な笑顔になっているのかもしれない。

あ、別に病んでないよ。まあ、仕事やってたらどんな職種でもこんな悩みがあるよね。
なんだかんだいいながら適当にうまいことやってます。 職場に同年代の同僚が欲しいけど・・・。彼女も欲しいけど・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。